申し込みの時に必ず行う与信審査

キャッシングやカードローン、おまとめローンの審査を申し込む時に与信審査というものがあります。与信審査とは、どのくらいの金額を貸しても良いのかを審査する事です。
自社の与信審査では、年齢や年収、職業など、様々な面から見て審査し、信用情報機関に照会して他社からの現在の借り入れ状況などを確認して与信枠が決まります。与信枠は、申し込み後ずっと続くわけではなく、利用状況などを随時確認して延滞などがあった場合は、減額される事もあります。カードローンやキャッシングは、自動的に与信枠が増える事はないので、増枠したい時は金融会社へ申し込みをして再度審査してからになります。

少しでも属性を高くするためには

ごく簡単に言うとキャッシングの審査では、属性が高い人は審査に通りますが、低い人は落ちてしまいます。そのため自分の属性に自信の無い人ほど、何とかして属性を高めたいと願うものです。
しかし、だからといって年収や他社からの借り入れ額などを偽ったり、その他、虚偽申告などをするのは言語道断です。ウソは必ずバレますし、ウソが多いほど却って審査には落ちるようになります。
少しでも属性を高くしたければ、バイトよりも正社員で働いたり、勤続年数を一年でも長くしたり、今の借金を早く完済したり、家賃や公共料金などの支払いを絶対に滞納しないことです。そのような地道な努力こそが有効です。

申し込みブラックにならない対策とは

申し込みブラックになってしまえば、キャッシングの審査に通ることはまず無理と考えた方がいいですし、申し込み履歴から情報が削除されるにも半年間はかかってしまい、その間に不利益を受けてしまうことにもなります。
ならば、申し込みブラックにならないように、あらかじめ対策を打つことが重要です。申し込みブラックになる条件は金融各社で多少の基準の違いはあるものの、おおむね一カ月の間に複数社の申し込みをすることによると考えられます。ですので、申し込みブラックの回避するためには、一社のキャッシングの申し込みをすれば、一カ月間は他社の申し込みを控えるという行動が効果的です。このように申し込みを一カ月に一社とすることで申し込みブラックはまず回避できます。
ですので借り入れをする際はをよくした上で申し込みましょう。

PAGETOP